Jimmyのアメリカの支持者の方々のご説明

生後2ヶ月から、日本で徹底的に人体実験や虐待を受けてきたJimmyには、大変、素晴らしいアメリカの支持者の皆さんがいます。

なぜ、このような素晴らしい支持者に恵まれているのか?というお話しをさせていただきます。

Jimmyには、9人の従兄弟がいます。そのうちの2名の従兄弟は、アメリカで最も尊敬されていた女性の一族になります。この女性は、アメリカではじめて人種差別や女性虐待の為に立ち上がった女性として有名な女性です。

アメリカドルや切手にまでなっていますし、セントラルパークにある唯一の女性の像としても有名です。

アメリカ人からは、『アメリカの母』とも呼ばれています。彼女には子供がいなかったので、姉妹の子供達が一族をついでいます。彼女は、人種差別や女性虐待に尽力してきたので、世界59カ国に彼女を支持しリスペクトするNPO法人やNGO法人があります。多数の国連関係者からも指示されています。

ここで、詳しい名前をお話しすると、途端に、リサーチされて、従兄弟や支持者に迷惑がかかってはいけないので、名前は控えますが、Jimmyの支持者らは、これまで、Jimmyが、人種差別的扱いや、人権侵害行為を多数受けている事を知り、又、母親の誹謗中傷がネットや防衛大学病院の医療カルテに書かれている事実からも、女性虐待に等しい行為である。と立ち上がってくれたのです。

多分、日本の方々は、簡単に考えているかもしれませんが、これまで、順天堂大学病院・防衛大学病院・日本大学病院でJimmyが、受けてきた行為は、人種差別(証拠テープあり。)・障害者虐待・人権侵害・女性虐待である事は間違いが無く、これらの行為は、『アメリカの母』『すべての母』と言われてきた女性の一族であるJimmyの従兄弟にとっては、耐え難い行為であり、これまで、数年、署名運動に協力してもらってきました。

アメリカ人は、『アメリカの母』『すべての母』『本当の自由の女神』と言われた女性の末裔が悲しむことを望みません。

まだ、キャンペーンは開始されていません。

現在、支持者らが準備中です。

現在、裁判中ですが、今後、裁判所の対応によっては、すべてを公にする必要が出てくると思います。

『本当の自由の女神』『アメリカの母』の末裔の従兄弟が、健康体であったのに、日本で自由を奪われ、人種差別や虐待を受けている事を知れば、アメリカは、大ショックを受けることでしょう。

何といってもJimmyは、アメリカ人成年なのですから。

北朝鮮で虐待を受け亡くなったオットー・ウォームビア青年以上のショックを受けることと思います。

オットー・ウォームビアに北朝鮮は何をしたのか?──語られない人質の真実

北朝鮮が拷問か…死亡の米大学生の歯列変形。米メディアが写真公開

歯形だけで、これほどの世界ニュースになるのです。

『2回も頭にビニール袋を被せているなら、その間に、両親の承諾を得る為の電話を掛ける時間があるのに、電話連絡しない。このような状態で頭にビニール袋を被せる行為は、医療じゃないよ。犯罪だよ。』(アメリカの整形外科教授。)

『Jimmyの骨の状態を診れば、日本でJimmyが何をされたのかが、瞬時に理解可能だ。』(ロンドンのVIPご用達の整形外科医の言葉。)

2
1
3
Show More

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.