所沢警察署長に対し、個人情報の漏洩をさせた事が書かれたメール​
今後の(警察への)介入方法について調整が必要だ。と書かれたメール
児童相談所の当時の所長あった綱島という者が、岩鼻まゆみに頼まれて、所沢警察署長に、わたくしが、警察に110番通報したかどうかを確認させていた事実が書かれたメールになります。
​わたくしが、110番通報したときの刑事さんの名前が、【 吉沢えいご 】さんという刑事さんだったのですが、その刑事さんが防衛大学病院に電話をかけたらしいのですが、その電話が、本当に警察からの電話なのかどうかという事実を、岩鼻まゆみ(看護士長)が、児童相談所の綱島を使って調べさせた。という事のようです。
ここで、不可解なのは、岩鼻まゆみ(看護士長)の行動です。
警察から電話が掛かってきたのであれば、普通に、自分自身で、刑事さんと話しをして、対応したらよいではありませんか?
それを、コソコソと、スパイや隠密じゃああるまいし、児童相談所を使って、警察に何度も電話を掛けさせ、以下の内容を調べさせています。
1、本当に、私が、警察に110番通報をしたのかどうかの事実確認!
2、【 吉沢えいご 】さんという刑事さんが防衛大学病院に掛けた電話が本当に警察からの電話なのかどうかの事実確認。
3、【 吉沢えいご 】さんという刑事さんが、本当に警察にいるかどうかの確認。
​4、わたしの通報内容が、警察署長にまで上がっているかどうかの確認をさせている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はっきり申し上げて、この岩鼻まゆみの行動は異常です。
なぜ?自分で警察に電話して聞かないのでしょうか?
まるで、警察を怖がっているような態度は、あまりにも異常です。
悪い事をしていないのであれば、こそこそ児童相談所に探らせないで、堂々と自分で電話するのが普通です。
この綱島という児童相談所の所長の行動も異常です。
なぜなら、2008年の1月1日から岩鼻まゆみと連絡を取り合い、警察に確認の電話をしているのです。
しかも、[今後の介入方法について、調整が必要だ。』と、岩鼻まゆみに連絡しているのです。
更に、この綱島と言う男は、息子の12月28日の日の午後8時前に、わざわざ、息子の病室に息子の様態を見に来ています。
こういうと、なんだか、親切な人のように感じますが、実際は、全く異なりました。
 
そうです。12月28日の日の午後8時前の息子は、仮死状態の様になり、体が硬直し、意識不明の状態で、瞼を閉じることが出来なくなり、目を開いたまま充血させていた時です。
わたくしは、最初、この綱島から師走で、既に仕事納めが終わっている12月28日の午後8時に掛かってきたとき、

『こんな遅い時間に、何だろう?児童相談所って言うのは、県の職員のはずなのに、それが、師走の12月28日の午後8時に電話って?どういうことだろう?』と思いながら話し始めました。

すると、いきなり、『今、どこにいますか?』と聞いてきたのです。

 

私は、この時、この綱島の質問が、同じ日の午後1時ごろに電話をかけてきた岩鼻婦長と全く同じ内容の質問から始まった事に驚きました。

 

直感的に岩鼻婦長に頼まれたのでは?と思ったほどでした。

其の時、この綱島は次に、『息子さんは、どうですか?いつ、退院ですか?』と、聞いてきたのです。(この時、実際に、息子の近くにいたのは、この綱島なのに、その事実を隠しきってきたのです。)

 

私が、『おかげさまで、明日退院です。本当は、今日退院予定だったのですが、若松医師がいなくて退院ができませんでした。』と、伝えると、何ということか、この綱島は、『そうですか、良かったですね。』と、言ったのです。

こう書くと、普通の会話ですが、私は、看護記録に恐ろしいものを見つけました。

​綱島について詳しく知るには、こちら
【 吉沢けいご 】さんという刑事さんがいるかどうかを確認後、更に何度も警察に、わたしが通報したのかどうかを聞いていたようです。
その結果、やはり、本当に、わたくしが警察に110番通報した事実を知り、同時に【 吉沢けいご 】さんという刑事さんが存在する事実も確認したようで、
そのような綱島が、所沢警察について書いていた『今後の介入方法について要調整。』という意味について、この綱島に電話をして聞きました。
綱島は、驚いた様子でしたが、以下のように答えました。
『もし、事実警察への通報があったのなら、警察に介入方法を調整してくれるように頼む必要がある。と言っていました。』
恐ろしい内容です。
この言葉で、わたくしは、今まで、いくら一生懸命捜査をお願いしても、所沢警察と防衛大学病院が、話し合い、警察の介入の調整をしていたのであれば、捜査はしてくれないのは、当然だろう。とアメリカの弁護士に言われました。
 
確かに、今まで、わたくしは、いろいろな言葉で、所沢警察に、はぐらかされてきました。
​以下は、所沢警察の刑事さんの会話です。(録音テープあり)
1、『証拠を紛失した。』(録音テープ・テープ起こし・医療カルテなどの大量の証拠品を紛失。)
2、『連絡します。いつになるかは、わかりませんが。』(何度電話しても、連絡をくれない。)
3、『時効5か月目ですから、もう、捜査できません。』(自分たちが連絡をくれない為に、時効が近くなったのに、その事実を無視。)
4、『若松先生が、<防衛大学病院の小児病棟では、ジミー君の頭に誰もビニール袋を被せていない。被せたものは、一人もいない。>といったので捜査はできません。』
5、『それが、若松先生の声かどうかもわからない。』(声紋を調べれば、分かるのに、それを隠している。)
以上のように、全く、捜査するつもりがありません。
それも、すべて、防衛大学病院の介入の調整のせいだとしたら、あまりにも、惨いのではないでしょうか?
​現在の所沢警察署長様は、当時の方ではないと思いますが、これらの書庫紛失などの、息子の捜査を邪魔させられた経緯が、このメールに関係していたとしたら、あまりにも、ひどい所業です。
どうぞ、防衛大学病院の介入や調整などを受け付けず、倫理や道徳、そして法に法り、一刻も早く、告訴状にありますように、殺人未遂の未必の故意にて、捜査をして頂けますよう、心から、お願い申し上げます。
息子の件は、あまりにもオドロオドロしい内容で、心が挫けそうになる事もありましたが、息子の映画のお話しを頂いたり、息子の身体を治してくださると手を上げてくださる海外の大勢の医師や科学者の方などの支持者の支えを励みにしております。
​どうぞ、ご配慮いただけますよう、心から、お願い申し上げます。

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.