​2007年12月28日午前11時~午後1時
目の充血の理由が、首(頸部)が圧迫されることで息んだ為に呼吸や脳の血流が阻害された為におこった事を認めている。

自殺したいなどの縊死の場合、は、首(頸部)が圧迫されることで呼吸や脳の血流が阻害され、脳や臓器に回復不能な機能障害が起き(縊頸)、結果として死に至ることを縊死と呼ぶそうです。

STAP細胞で神戸の先端医療振興財団の階段の踊り場で自殺したと言われている笹井芳樹は、縊死した事になっています。

若松太は、ジミーの目の充血について以下のように答えています。

 

母親

『目の赤いのは(どうでしょうか)?』

 

若松医師

『目の赤いのは取れてきています。』(目が充血していた事を認めている。)

母親

『目が赤くなった原因は?』

 

若松医師

『苦しいといきみますでしょう。いきみすとどうしても、あの~首から上にかけて圧が、それで充血していたのが強かった。』

 

 

この会話は、ジミーが、何かの原因で息んだ(呼吸停止した)の事実を証明しています?

 

この会話は、息子が、息んだ(呼吸停止した)為に目が充血した事を認めています。

 

息む】とは:いきむ(息む)とは、息をつめて腹に力を入れる・いきばるという意味があります。

私は、この事件の2日前に、笹井芳樹にステムセルサイエンス社の論文捏造詐欺について電話をしていますが、その笹井芳樹が、その7年後に、同じくSTAP細胞の論文捏造詐欺疑惑で自殺をするという内容に、因果関係を感じるのは、私だけではありません。