時間関係

 

 

 

 

 

 

なぜ、このような事になってしまったのか?一体、何をされたのか?B大学病院の病院ぐるみの真実隠蔽の為、今でも、正確な事は、

わかっていません。

 

しかし、はっきりとわかっている事があります。

 

1、主治医であったW医師やK医師、そしてI婦長や担当看護師のH看護師などの30回以上も変更された会話内容と嘘の数々に、彼らが病院ぐるみで息子が植物人間以上、脳死未満の状態になった理由を隠蔽しようとした。という事実。

 

2、同時に病院ぐるみで、医療カルテの改ざんが行われ、その事実を隠ぺいしようとした。という事実。

 

なぜ?息子は、意識障害を起こし植物人間状態になったというのに、その後、なんら治療をされることもなく、放置されたのでしょうか?

20時間以上もの間、治療放置されていた。という事実は、誰が考えても異常行為であり、理由の説明がつきません。

 

 

 

 

時間関係

 

 

1、2007年12月28日      09:00AM    

B大学病院のK医師から、主治医のW医師が夕方まで不在の為、予定していた退院ができない。と言われる。

 

 

2、2007年12月28日      11:00AM 

午前11時から午前12時の間に、夕方までいないはずだったW医師がなぜか現れ、W医師を含めて総勢4名にて、I婦長言うところの【観察研究?】の為に、息子は頭にビニール袋を2回も被せられ、呼吸停止。

もしくは、他の理由により低酸素脳症、もしくは、二酸化炭素ナルコーシスによる植物人間状態になる。

 

 

3、2007年12月28日 午後12時50分 

泣き叫ぶ。

静かになる。

瞳孔拡張。

血糖値300。

硬直。

瞼を閉じない。

 

口唇チアノーゼ改善 (看護記録に書かれている。と言う事は、この時間以前にチアノーゼになる理由あり。)

 

 

 

 

 

4、2007年12月28日 午後12時10分から2時ごろの間

I婦長より電話あり。

1、早口で、どこにいるのか聞かれる。 東京に向かっていると、伝えると安心したような声。)

2、パジャマを5,6枚とテッシュペーパーを大量に持ってくるようにと、言われる。

3、明日退院ですけど?と、伝えると、『病院のきまりですから。』と言って電話を切られる。

 

 

5、2007年12月28日 午後14時

体温41.3度(看護記録に書かれている。この時点で、既に高熱あるも、両親への緊急連絡は無し。)

 

 

6、2007年12月28日      06:40PM  

W医師の回診時、息子は、既に植物人間状態になっていた。(W医師の告白。録音テープあり。)

 

 

 

 

 

 

7、2007年12月28日 午後7時30分 

所沢児童相談所の主任Tが、息子の病室を訪ねている。(看護記録に記載あり。)

 

8、2007年12月28日 午後8時ごろ

所沢児童相談所のTより電話あり。

1、どこにいるのかを聞かれる。(I婦長と同様。)

2、息子の病室を訪ねた事や、息子がいつ退院するのか?と聞かれる。

3、明日、退院です。ト伝えると、『良かったですね。』と普通の対応。

 

この時、このTは、息子が植物人間状態になったことを知っていたが、全く、母親である私に、その事実を教えてくれなかった。

 

 

 

 

 

 

9、12月28日 午後22時 (看護記録に書かれている。)

開眼している (両目が開きっぱなしだった事実が書かれている。)

右目充血著明 (目がひどく充血している事が書かれている。)

右の鼻から大量出血あり。(鼻からの出血は、脳のダメージが大きい事を表すそうです。)

 

 

10、12月29日 午前2時

開眼の為か、両目充血あり (両目が開きっぱなしだった事実が書かれている。)

体熱感著明

  

 

11、2007年12月29日      05:30AM   

息子を退院させるために、朝一番で向かった病室で、植物人間状態の息子を発見。

 

当直医師・担当看護師・W医師より、『28日は、全く、何事もなく問題が無かった。』という嘘の報告をされる。(録音テープあり。)

 

 

 

 

 

12、2007年12月29日      11:00AM    

この間、2回心臓停止。

 

 

13、2007年12月29日      01:30pm   

W医師より、息子が植物人間状態になったのは、主人が、病室に入った後からのイベントが原因であ る。と、まるで、主人が、息子を虐待したような言い方をされる。この後、W医師より、その言葉が嘘であった事や、実際には12月28日の11時ごろに、息子が既に植物人間状態になっていたことを告白される。

 

録音テープあり。(このテープには、12月28日の午前中、主人が病室を出て1時間ほどで、W医師・K医師・I婦長・H看護師が、息子の頭にビニール袋を被せた時に【観察(婦長の言い方)】をしていた時間帯の告白がありますが、3人共に、全く異なる時間の告白をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14、2007年12月29日      03:00pm   

某医科大学病院より知人の心臓外科医のG医師が、息子の状態を確認しに来て下さ り息子の状態が、間違いなく植物人間状態であり、目の充血や白い膜が掛かっている症状 から、『12時間以上前に、何か問題が起きた。と思われます。』と断言してくださり、W医師が治療をしていない事を不思議がる。

 

 

 

 

 

15、2007年12月28日 04:00頃pm.  

W医師より、息子の植物人間状態になった理由が、12月28日の午前11時から午前12時の間に息子の頭にビニール袋を被せた事が原因で呼吸停止を起こしたことである。と、告白を受ける。

 

 

16、2007年12月28日~2008年01月04日の間       

K医師・I婦長より、息子の頭にビニール袋を被せた事を認める告白をされる。

W医師より、12月28日の6時40分の回診の時には、目の充血・瞼が閉じない・瞳孔拡張・光反射なし・42度から41度の高熱。身体の硬直。意識傷害を確認。していたが、実際には、12月28日の午前11時から午前12時の間に植物人間状態になっていた。との告白を受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.