​防衛大学病院の若松太が、『呼吸停止後、多臓器不全になった。』と、認めている会話テープ
​​下記の会話内容は、右の録音テープ内に収録されております。

下記の録音テープは、息子が、呼吸停止した後に、多臓器不全を起こしていた事を認めた会話内容になります。

​会話内容

母親

『昨日、他の先生にお聞きしたのは、腎臓と肝臓が悪い時には、(ラジカットは)使えないって聞いたんですけど、低酸素脳症になった時には、まだ、腎臓も肝臓も悪くなかったんじゃないんでしょうか?』

 

若松医師

『それは、(腎臓も肝臓も)一緒になります。』

(植物人間状態であった事・低酸素脳症になった事を認めている。)

母親

『一緒になる?』

 

若松医師

『血液中の酸素が沢山使われるひとつに脳はありますけど、肝臓も(酸素を)沢山使われる一つです。それと、腎臓も沢山使っているところの一つなんです。』

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.