​防衛大学病院の若松太が、『呼吸停止・心臓停止後、脳内出血や高熱や目など、一切の治療をせずに息子を放置した証拠の会話
下記の会話内容は、右の録音テープ内に収録されております。

母親

『主人が29日の日の朝の5時に病院に行った時に、41度の熱があって、目が開きっぱなしだと、申しあげたと思うんですけど、其の時に、主人が話していたのは、氷で冷やしてもいないし、目のカバーも(失明の可能性がある)、これは、先生も知っていると思うんですけど。目のカバーもしていなかったと、他のお医者様に言うと、皆さんが、『考えられない。』って言うんですね。低酸素脳症になった後に、熱があったら、熱を下げなくてはいけないのに、『なぜ?熱を下げていないのか?考えられない。』と言われたんです。なぜ。しなかったんでしょうか?目のカバーとかも。』

 

若松医師

『ええ。』(治療をしていなかった事実を認めている。)

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.