​法医学 窒息の症状​​

非常に​
1、窒息の症状
 

法医学の場合、窒息死した人の症状には共通の特徴がある事を情報提供者からのご連絡で知りました。

 

この症状については、以前、所沢警察の刑事さんからもお聞きした内容と同じでした。

 

息子の症状には、不自然な症状が多数ありました。

その事実を、その時、防衛大学病院の医師である若松太・小島令嗣も、野々山恵章も、誰もが、『原因はわからない。』と言いはりました。

 

それだけではありません。窒息を起こした為に、全身(目・首・脳など)にうっ血症状が現れている緊急治療の必要な状態の息子の治療を放置したのです。(緊急に必要だった治療についての詳しい内容は、こちら)

考えても見てください。脳の画像には明らかに真新しい状態の出血症状がありました。

それなのに、全く治療をしていなかったのです。

41度以上の高熱が続きながら、氷枕さえしてもらえていませんでした。(詳しくは、こちら

​2、警察の意見

その事実は、勿論、警察に伝えました。

刑事さんからは、息子の症状について以下のような意見を聞きました。

質問1、瞼が閉じない。

 

回答1、瞼が閉じないと言うのは脳幹が壊れた時になる硬直が原因かもしれない。

瞼が硬直していた可能性がある。(詳しくは、こちら

質問2、目の充血

 

回答2、目が充血していた。というのは瞼が閉じなかった為と言うのもあるが、窒息したときには、顔から上がうっ血して目が充血する。そういう事は良くある症状だ。   (詳しくは、こちら

質問3、脳の出血

回答3、画像に新しい脳の出血があったのも、うっ血が原因の可能性がある。窒息の場合、そういう事はよくある。くも膜下出血になる事もある。(詳しくは、こちら

10. 窒息
名古屋私立大学の10.1.7 吸気中の酸素分圧低下より抜粋

外気の酸素濃度低下,二酸化炭素濃度上昇,その他のsuffocating gusによる大気の置換などによる。 

名古屋私立大学の10.3 窒息死の所見より抜粋
10.3.1 諸臓器のうっ血(visceral congestion)

肺・肝・腎・脳等ほぼすべての臓器に起こる。毛細血管および静脈はhypoxia に敏感に反応して拡張し,そこに血液が貯留する。脾臓はうっ血をまぬがれることがあり,カテコラミン過分泌による血液放出によると説明されている。なお頚部圧迫による窒息で,動脈の閉鎖が不充分な場合には,圧迫部より上(顔面)でうっ血が認められる (頚部圧迫の項参照)。