​若松太 医師が、何度も告白を訂正した経緯

2007年12月28日(金)  退院日 若松医師が、不在と言う訳のわからない理由により、退院ができない。と急に言われる。

2007年12月28日(金)  午前10時30分~1時の間に、頭にビニール袋を被せられ呼吸停止。意識障害。植物人間状態。

2007年12月29日(土)  午前5時30分 退院と正月旅行の為、早朝、父親が病院に行き発見。

2007年12月29日(土)  午前中 2回心臓停止。

2007年12月29日(土)  午前中 若松医師が来院。『朝までは、全く、健康状態だった。』と嘘の告白をする。

2007年12月29日(土)  午後、知人の心臓外科医をセカンドオピニオンで来院してもらう。知人の医師が、目の異常充血と白い膜を見てショックを受け。『このような目の状態は、12時間以上前から目が閉じなくなっている証拠。通常は、すぐに目を失明させないようにアイクリームをつけてアイパッチをします。こんな処置をしていない状態は失明しますよ。すぐにアイクリームとアイパッチをしてください。』と言われる。同時に息子の首についた赤い跡を見つけて下さり、若松医師に尋ねる。

若松医師の最初の告白

1、2007年12月29日(土)  午後3時過ぎ 知人の医師が帰ると、若松医師は、以下のように告白。

  • 息子の首の赤い跡について、てんかんが止まらなかった為に、アメリカでてんかんに使用されているぺーパーバッグ療法を行った。

  • 紙袋を探したが見つからなかったので、ビニール袋を使用した。

  • 首の跡は、そのときビニール袋を結んだ跡である。

  • その後、息子のてんかんは停止した。

  • その後は、病院にいなかったので、わからない。

この最初の告白後、私と主人は、多数の知人の教授に電話して、この事実を告げると、以下の質問をするように言われました。

  • てんかんにビニール袋を使用していると書かれたアメリカの論文を、教えて欲しい。

 

2、2007年12月29日(土)  午後6時過ぎ

上記の質問を若松医師に行うと、若松医師は、以下のように告白しました。

  • 実は、頭にビニール袋を被せた事により呼吸停止した。治療をしなかったのは、時間の問題で心臓が止まると思ったから

2008年1月1日 110番通報をする。

3、110番通報後、告白内容を変更。若松医師は、警察に通報後、以下のように告白を変更。

  • 大量の痰が溜まっていた事に気がつかず、痰を取るのを忘れた為、呼吸停止した。

4、2008年1月?日 午後  上記の言葉について、わたくしが、『それじゃあ、今までの頭にビニール袋を被せた為に、呼吸停止した。呼吸停止するときに、苦しいので息んだ。その為に首から上にかけて圧が上がった為に目が充血した。というお話は、すべてが嘘だった訳ですね。』と尋ねると、若松太は、以下のように告白。

  • わたしは、いなかったので、詳しくわかりません。私が知ったのは、夕方6時過ぎです。私が聞いているのは、小島が息子さんの頭にビニール袋を被せたら嫌がって大声を出した。その後、呼吸停止した。という話しです。

5、私が、『それじゃあ、2回実行した。とか4人で実行した。とか言うのは、すべて嘘だったんですか?』と尋ねると、その後、若松太は、以下のように告白を訂正。

  • いいえ、すべて、その通りです。4人でやりました。

 

5、警察が若松太に事情を聞いたところ、若松は、以下のように告白。

  • 『防衛大学病院の小児病棟では、ジミー君の頭に誰もビニール袋を被せていない。被せたものは、一人もいない。』

​現在に至る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.