岩鼻まゆみが話した【廊下から観察していました。】という言葉について​

親のいない時を見計らって行われた、岩鼻婦長の言うところの【観察】【観察研究】という行為。

 

実際は、退院日であったにもかかわらず、若松医師が夕方までいないからという訳のわからない、意味不明の理由で、退院延期をされたにもかかわらず、その1時間後には、息子の病室に【観察】【観察研究】をする為に、しっかりとあらわれていた若松医師?

僅か1時間で息子の病室に来る事が出来るのであれば、息子は、この日の午前中、退院ができたはずでした。

それを、小島医師は、なぜ?

『若松医師は、夕方まで病院には来ません。』

という嘘を言ったのか?

今でも、この日の、退院延期が、何の為の?誰の為の?退院延期だったのか?全く、わかりません。

この日、退院していれば、息子は、訳の分からない【観察】【観察研究】等という行為をされる事も無く、翌日から予定していた大好きな温泉周りや京都で除夜の鐘を聞く事ができたはずでした。

何の為に親への断りなく、【観察】は、行われたのでしょうか?

そして、同様に、何の為に【観察】終了後、約10分で岩鼻婦長は、明日、退院のはずの息子について

『パジャマを、5.6枚持ってきて欲しい。』

と、母親に電話をしてきたのか?(勿論、この時、息子が植物人間状態になっていたから、長期入院になる。と考えたからに他なりません。)

なぜ、この電話の時、大がかりにも、3人もの【観察者】が付き、1名は、中に入らず、まるで見張りのように廊下に立ち、ドアについた小さな窓から中をのぞき、そして、息子の頭にビニール袋を被せた。という異常行為について、母親に全く伝えなかったのか?

常識的に考えれば、その答えは、明確にわかります。

以下は、WIKIより抜粋

【観察研究】

研究を目的とした治療を行うのではなく、既に行われている治療の効果や、その予後を観察する研究デザイン。

長期間かけて発症する疾患や、稀にしか見られない疾患も対象にすることができる。

要因と結果との相関の強さは定量的に測定できるが、因果関係を証明しようとする場合には、症例対照研究やコホート研究のように、要因と結果との関連の時間性を測定する研究デザインをとる必要がある。

 

症例報告(case report)

個別の症例の治療を経験した後に、教科書的な経過をたどらなかったもの、あるいは教科書的な治療を超える工夫を行ったものについて、今後の参考に資するために詳細を報告する。

 

ごく稀に見る疾患の場合には今後の治療に直接参考になる他、未知の疾患を最初に報告するきっかけとなる。

 

症例シリーズ報告(case series)

単独または少数の施設にある疾患の患者が集まっている場合に、過去の治療内容や予後を集計して一覧化する。

 

稀に見る疾患の場合などに、治療と効果や有害事象との相関関係の仮説を示唆できることがある。

 

予後予測ルール(clinical prediction rule)

患者の年齢性別や基礎疾患、検査データなど、コホート研究の成果を利用して疾患の予後予測のモデルを作成する。多くは「重症度スコア」の形式で発表される。

以上

岩鼻婦長は、息子が、植物人間状態になった後、看護記録に、医療に携わる人間とは、考えられないような内容の言葉を書いていました。

​医療カルテ記載の恐ろしい指令