​クーリング(氷まくら)無し

1、出血していた息子の脳/しかも氷枕は無い
 
画像によると息子の脳には、真新しい出血の痕がありました。
 
刑事さんによると、窒息したときには、脳がうっ血して出血をする事が多いとの事でした。
 
しかし、氷枕の使用はありませんでした。
 
2、​41度以上の高熱/しかし氷枕は無し。
息子は、41度から42度の高熱がありました。
しかし、氷枕の使用は、ありませんでした。
正確に言うと、一度、看護師さんが氷まくらを持ってきたそうですが、その後、使用しないように言われた。と聞いています。
なぜ?どんな理由でクーリングをしないようにとの指令が上からあったのか?
高熱は42度が続くと、脳のダメージや破壊が起こります。
時には亡くなる時もあります。
​それなのに、『上からクーリングをするな。と言われた。』という内容は、まさに、殺人未遂の未必の故意である事は、世界の社会常識です。

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.