​低酸素脳症の治療

治療放置は、保護責任者遺棄罪や殺人未遂の未必の故意などの犯罪です。

低酸素脳症や二酸化炭素ナルコーシスには、医師や看護師の間では、一般常識的な治療プロトコールがあります。

​それらの治療をしない場合、患者の脳の脳症や脳のダメージは、更に悪化させ、最悪な場合は、心臓が停止する事もある、と、言われています。

まさに息子は、この状態になりました。

​約20時間治療を放置された為に、心臓が2回停止したのです。

例えば、下記は、日本救急医学会のホームページの低酸素脳症のページなど、低酸素脳症やCO2ナルコーシスに必要な治療方法が書かれた、多数のホームページや論文になります。

誰もが、同様に、早急の治療の大切さについてかかれています。

​どうぞ、息子が治療放置されたと言う事実が、殺人未遂の未必の故意や保護責任者遺棄罪に等しい。という事実をご確認ください。

低酸素脳症に必要な治療​

日本救急医療学会
5
5
5
5
5
Show More