​低酸素脳症の治療

治療放置は、保護責任者遺棄罪や殺人未遂の未必の故意などの犯罪です。

低酸素脳症や二酸化炭素ナルコーシスには、医師や看護師の間では、一般常識的な治療プロトコールがあります。

​それらの治療をしない場合、患者の脳の脳症や脳のダメージは、更に悪化させ、最悪な場合は、心臓が停止する事もある、と、言われています。

まさに息子は、この状態になりました。

​約20時間治療を放置された為に、心臓が2回停止したのです。

例えば、下記は、日本救急医学会のホームページの低酸素脳症のページなど、低酸素脳症やCO2ナルコーシスに必要な治療方法が書かれた、多数のホームページや論文になります。

誰もが、同様に、早急の治療の大切さについてかかれています。

​どうぞ、息子が治療放置されたと言う事実が、殺人未遂の未必の故意や保護責任者遺棄罪に等しい。という事実をご確認ください。

低酸素脳症に必要な治療​

*ご注意*

このHP上の神戸先端医療振興財団と理化学研究所というのは、全体を意味しておりません。あくまでも再生医療・幹細胞研究グループを意味しますので、ご了承ください。

このホームページは、(NGOs)アメリカの(NGOs)Susan BAnthony  Children Civil Liberties Unionの全責任において作られております。ホームページを制作して下さっている方等、他のいかなる人々にも責任はございません。ご連絡は、匿名でContact Me 迄。

Copyright (C)  2012 Jimmys Wish.com All Rights Reserved.