治療放置された息子(殺人未遂の未必の故意

CO2ナルコーシスの治療法

 

CO2ナルコーシスや低酸素脳症などで脳がダメージを受けた場合、脳のダメージを最小限に抑えるために、様々な治療がなされます。最初は、脳のダメージが小さくとも、治療をせずに放置する事により、脳のダメージは広がり、脳が司っている大切な機能が次々に失われていきます。遂には人間が生きていく為に最も大切な呼吸器官や生命維持に必要な多数の機能が含まれている脳幹が犯され、人は死にいたります。

海外の多数の小児科医に聞いた話ですが、上記の脳のダメージについての内容は、医師の間では、誰もが知っている常識であり、医師は、CO2ナルコーシスや低酸素脳症などが発生した場合、直ちに速やかに、脳のダメージが広がらないように、治療を開始しなくてはなりません。

もし、海外で、小児科の医師が、【一刻も早く開始しなくてはならない治療を医師が拒否】したり、もしくは、【一刻も早く治療を開始しなくては、患者が亡くなる可能性がある事を知りながら治療を行わない。】という行為を実行した場合、それは、『このまま、放置する事により死ぬかもしれない。でも、まあ、いいだろう。』と、考えた。という事になり、【殺人未遂の未必の故意】が適用されるのだそうです。

 

若松太が、CO2ナルコーシスだと告白しているテープは、こちら

CO2ナルコーシスが生じている場合、まずはCO2ナルコーシスを引き起こしている原因を除去し、高濃度酸素の投与を中止します。
さらに人工呼吸器で呼吸を管理し、必要に応じて薬物療法が行われます。

 

あまりにも、何十回も嘘を付く、若松太ですので、二酸化炭素ナルコーシスというのが事実なのかどうかが、わかりませんが、もし、若松太が告白したように、息子が二酸化炭素ナルコーシスに陥ったのであれば、一刻も早く治療を行い、人工呼吸器の装着は必須である。とCO2ナルコーシスの治療方法には、書かれています。

 

事実、息子は、医師らが、息子を放置し、人工呼吸器を装着してくれなかった為に、それから20時間後に脳のダメージは広がり重症化し、心臓停止を2回起こしました。

医師らが、病院ぐるみで証拠隠蔽をしていたため、事実確認は、できていませんが、看護師の話しでは、息子は、20時間の中でも2回心臓停止を起こしたそうですから、合計4回の心臓停止を起こした。ということになります。

事実、息子は、その後、人工呼吸器をしなくては、生きられなくなりましたので、脳の脳幹部分が損傷した証拠であり、人工呼吸器装着しなくては、心臓が停止するのも当然です。

それなのに、医師らは、息子を放置したのです。

殺人行為である。というのが、海外の医師や警察の見解でした。

それなのに、所沢警察は、何度、訴えをだしても、のらりくらりと無視し、証拠を紛失し、医師らを捕まえることをしませんでした。

以下は、京都府立大学などのCO2ナルコーシスの意識障害患者には、人工呼吸器をしようしなくてはならないという事実が書かれています。

 

京都府立大学
10
10
Show More